PENTAX K-5、子供スナップにTAvモードが便利

子供スナップにTAvモードが便利

好きな絞りとシャッター速度が選んで露出は感度で調整する
そんな動作をするのがTAvモードです。

つまり、
ピントにある程度余裕をもたせるために絞りはF5.6あたり
そして被写体ぶれをさせないために1/120秒くらいにしたい
感度はISO4000以下でカメラ任せ
という使い方ができます。


わたくしが最近よく撮る姪は1歳をすぎて歩きまわるようになりました。
8割は室内で光不足がちで、踊ったり歩き回ったりと大忙し。
そこでTAvモード。
F5.6、1/160、露出補正+2/3、ISO上限4000、に設定して
あとはガンガンシャッターを押すのみ。
K-5の高感度はカラーノイズが少ないので少々荒れても
高感度でもかなり気になりません。


スナップにはぴったりのモードです。

このブログ記事について

このページは、砂智久が2011年7月 4日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地面の花」です。

次のブログ記事は「鳥取砂丘」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。