ウィリアム エグルストン展

"カラー芸術写真の第一人者"の生写真を見に行こう というわけで、
原美術館のウィリアム エグルストン展にでかけました。

パリと京都のスナップ写真がメインなんですが
構図がおもしろくてよかったです。

スナップで構図が決まってるってのは
ブレッソンとちょっと同じ気配が感じられ
格好いいなあと思うのです。

あと、落ち着いた色調で、赤と緑が印象的でした。


このブログ記事について

このページは、砂智久が2010年8月22日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時速300kmの車窓」です。

次のブログ記事は「新幹線@東京駅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。