2008年1月アーカイブ

理想の上司すぎる

 

「24」のシーズン6、やっとこ最後まで見れました。

今回もみんなよくがんばりました。
いつものようにたくさんの人があっさり死んでしまって
今回もクロエは生き延びました。

いつも沈着冷静で
柔軟で
愛にあふれ
現場もばっちり
見栄えも良い
CTU支部長ビル・ブキャナンの理想の上司っぷりに圧倒されます。

自分としては大統領補佐官のトム・レノックスが好きかな。


掟は破られるためにある

 

やっとゲド戦記を全部読みおわりました。
外伝いれて全6巻なんだけど、最初は3部作であとから追加したらしい。
読んでみるとやっぱり最初の3巻のほうが
アースシー世界がみえてくる楽しみがあって素敵です。

一番おまけの外伝から。気に入ったところ。

大賢人みずから言ったんだもの、
掟は破られるためにあるって。
不正が掟をつくり、
勇気が掟を破るんだ。....


高幡不動

 

都内から30km弱西にある高幡不動は土方歳三の菩提寺。
NHKのドラマのおかげでずいぶん景気が良くなったそうです。

写真は softbank 912SH で撮って Picasa で調整してあります。

富士山

浅川から高幡不動

土方歳三

高幡不動

高幡不動

TV番組「奇跡の映像 よみがえる 100年前の世界」をみました。
フランスの大富豪アルベール・カーンが、1908年から20年ほどの間すすめた地球映像資料館プロジェクト。
世界初のカラーフィルムをもたせたカメラマンを世界中に派遣して、
失われてゆく文化を記録しようという企画でカーンが大恐慌で破産してプロジェクトが終了するまでに7万2千枚の写真と100時間の映像がのこされたとのこと。

すでに遺産になっているものを買い集めるのではなく、
未来に遺産と呼ばれるものを生み出す。
そういうお金の使い方や仕事は格好いいものだと思います。

番組は
 原題: Wonderful World of Albert Kahn:Vision of the World
 制作: BBC(イギリス) 2007年

こちらは写真集

仕事始め

 

SBSH0105.jpg

朝の出勤時に撮影。
毎日見るので身近で季節を感じられる場所になってます。

写真は softbank 912SH で撮って Picasa で調整してあります。

2008年の初富士山

 

SANY0065.jpg

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。