50年前のアメリカが気になってます

第二次世界大戦後からベトナムまでのアメリカを題材にした
映画や本やらに触れることが多いのですが、
最近それらがつながり始めてますます楽しくなってきました。

自動車社会、家電、ファーストフード、量販店、マフィア、麻薬、CIA、冷戦、宇宙、コンピュータ、音楽と映画、公害、男女平等、、、
現在の自分にとって当たり前になっているライフスタイルが生まれた時代であり
アメリカ帝国が形成された時代であるのです。
ちょうど生まれる前までなので、リアルタイムには知らない時期ですが
この頃の流れを知っておくと、ニュースや映画を見たときの
理解度が増すこと間違いありません。

戦後アメリカ社会の成功とドロドロは日本に定着しているし、
今度は中国やロシアで繰り返されているようです。
歴史に学んでちょっとはスムースに社会が展開しますように。


   

  

  

  

このブログ記事について

このページは、砂智久が2008年4月24日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2008年新宿御苑のお花見」です。

次のブログ記事は「600gのステーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。