究極的なオリジナリティは、

富野由悠季『だから 僕は…』1981年 より

...究極的なオリジナリティは、他人から他人に教えられる性質のものではない。ことにフィニッシュのディテールまで、己自身で仕立てる訓練をつまなければ、その人は永遠に二流でおわるだろう。 作品はデッサンではなく仕上がりであって、努力ゆえに作品が誉められるということは金輪際、ない。

このブログ記事について

このページは、砂智久が2006年9月26日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遠足@富士山」です。

次のブログ記事は「六本木ヒルズの巨大蜘蛛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。