検索させるキーワードの考え方-Japan.internet.com

キーワードの傾向は、
1)社名や商品名、またはそれらの俗称、省略語を検索させるというもの
2)商品の特徴を検索キーワードにしたもの
3)「地底人は誰?」や「ユリゲラー?」など、
 社名や商品名とはまったく関係ないが、ユーザーの興味をひくキーワードを使う

Japan.internet.com Webビジネス - 検索させるキーワードの考え方
http://japan.internet.com/busnews/20060921/8.html?rss

....簡単に言ってしまえば「単純明快で分かりやすい言葉を使おう」ということに尽きるのではないだろうか。

....具体的に言えば、なるべく少ない文字数や単語数にし、読み方が難しい漢字は避け、カタカナやひらがなを効果的に使うこと(打ち間違いの防止にもなるし、全年齢に対応できる)、アルファベットでの長い単語は避けること(覚えにくく、また打ち間違いを誘発しやすい)、さらには P4P の出稿企業が少ないキーワードを選ぶこと(入札単価も安く済み、ユーザーを惑わせずに自社サイトへ誘導できる)など

このブログ記事について

このページは、砂智久が2006年9月21日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「消費者の88%は企業サイトの情報を信頼している、「情報量の多さ」を重視」です。

次のブログ記事は「藤巻幸夫『新富裕層の消費分析』日経広告研究所 、2006年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。