コトバの選び方は悩ましい。

同じ言葉でも違った業界や文化にあると
意外と意味が違ったりするし
新めのコトバだと世間に普及する際に
当初のコンセプトとちがった意味になっていたりする。

まったくの造語であれば自由なんだろうけれど、
少なくともすでに使われている言葉を
別の意味で使うのは避けたほうがいい。

すでに辞書や用語集に載っている言葉に対して
独自の拡張や提案をこめた用法を持ち出すのは
学者や団体にまかせたほうが良い。

と思うのです。

このブログ記事について

このページは、砂智久が2006年9月11日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花火」です。

次のブログ記事は「消費者の88%は企業サイトの情報を信頼している、「情報量の多さ」を重視」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。