60年代ってどんなだったの?

givduadl.JPG自転車で高田馬場までいってカフェで涼みながら「プレイボーイ・インタビューズ」を最後まで読みました。
 インタビューの中ではジム・ブラウンの話がまともな印象かな。前半のインタビューはどうも怒りや現実の指摘がメインだけれど、ジムブラウンのは解決への取り組みをアピールしているようだから。
 黒人奴隷の先祖探しをした「ルーツ」が発行されてヒットしたのは1976年らしいのだけれど、それってぼくが1歳。自分の生きている範囲に含まれていることがちょっと意外、案外最近なテーマなのでしょうか。
 そういえばベトナム戦争とかアポロとかオイルショックとか、なんかそいうことも重なっている時期なんだなぁ と頭の中で今まで聞いたようなことがつながり始めて面白くなってきた感じ。 60年代、あるいは自分の生まれる直前の時代に興味アリです。

写真はその帰り道。

このブログ記事について

このページは、砂智久が2004年7月18日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「アレックス・ヘイリープレイボーイ・インタビューズ」」です。

次のブログ記事は「「太陽は過去であり、地球は現在であり、月は未来である」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。